スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CONTROL

control 1 ★★★★です。 Sam Rileyっていう役者の悲劇はもうこの作品以上のものに出会えないだろうということ。そっくりとか似てるとか全く気にならなかった。監督のAnton Corbijnもこれ以上の映画も撮れないでしょう。音楽映画としてはあの「Breaking Glass」(いつかこの映画についても書くね)と匹敵するくらいよかった。つまらない映画ダラダラ撮り続けたり印象の残らない役者を演じ続けるよりもいいじゃないか。どのカットもどのセリフにも無駄がなっかた、ちょっと誉めすぎかな。高校生の時に「closer」をジャケ買いして以来のファンだからね。けれどJoy Divisionにあまり興味のない人たちにこそ観てほしい。New OrderがなんでまだNew Orderでいられるのか、Blue Mondayがなぜ未だにクラブクラッシックなのか教えてくれます。映画の中であの電話番号をメモに使ったレコードはSiouxsie & the Bansheesのセカンド・アルバム「Join Hands」だったって気づいた?Tony Wilsonも「24hour party people」よりずっとよかったし、ライブでのあのセリフのところで泣きました。この映画観ていて「Donnie Darko」観てない人は今夜レンタルしなさい。あの曲かかります。


COMMENT









 

TRACKBACK http://clubhallelujah.blog116.fc2.com/tb.php/5-68324137

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。