スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sea of love

juno

cat power

UD-4011.jpg
JUNO
CAT POWER/the Cover Record/MATADOR 2000
GLASS LOVE/2003

「JUNO」観てきました。サントラの曲目だけ見てこれは行かなくちゃと。16才の女の子が妊娠しちゃってドタバタみたいな話だからどうかな?と思ったけれどとってもよく書けた脚本でした。主人公JUNOが黄色の紙に何を書きなぐったのか、誰を愛していいのかわからないというJUNOにパパが諭すように話すところとか、んーいいこというなぁと。やっぱりあたしは脚本家にはなれません。sonic youthやcarpentersのネタのところもよかったけれどcat powerのあの曲のカバーのイントロが流れてきたとこでグッときた。このヴァージョンが収録されてるアルバムも大好きだったからね。アナログレコードはB面ラストです。B1にはサーフムービー「glass love」のオープニングでDaizy Shayeがヒザ下の波でクルーズする場面で使われてる I Foound Reason(オリジナルはthe Velvet Underground/Loaded)も入ってます。

  ねぇ いっしょにきてよ あの海にさ
  どのくらい あなたに溺れているか
  わかってほしいのよ

  忘れてないでしょ 出逢ったあの日
  そうよ あの日 あなたは あたしの虜
  
  ねぇ わかって
  どのくらい あなたに溺れているかを 

  by Sea of Love 対訳:taro

それでAl PacinoとEllen Barkinのセクシー・アーバン・スリラー「Sea of Love」を観てないひとはこちらもぜひ。こっちにはオリジナルのPhil Phillipsのヴァージョンがかかります。アル・パチーノよりも、アラン・ドロンよりもあなたが好きよって唄っておいて渡辺徹を選んだのは榊原郁恵だったけどね。。

COMMENT









 

TRACKBACK http://clubhallelujah.blog116.fc2.com/tb.php/10-ebb4715d

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。