上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイリッシュのグレアムから教えてもらった彼、



NPRに呼ばれるってことはもうそれだけのモノ持ってるってことだろうけれど。
年齢や聴いてきた音楽の数なんて全くもってモノサシにはならないもの。
Jake Bugg君、King Krule君やBirdy嬢にしてもね。
アイリッシュの彼、Hozier君は1990年生まれだって。
カッコつけもビジネスの匂いも感じさせない。
これからでも間に合うぞフジロック様、呼んでくださいなm(__)m

こちらがPV。



アイリッシュはほぼ90%に近いカソリックの国。
宗教と性差別ってここ日本にいるとまるでリアリティはないけど。
Take Me to Church の彼にとってのチャーチとは…
二人っきりでいるあの場所っていうところに泣ける。

で、話題になってるコレ、



いろいろ云われてるけど、ふつうにおぉーってカンジじゃないのか。
わかる?最後まで観て。
スパイダーマン上映中にこんなカタチで出るってことも。
スパイク・ジョーンズもアンドリュー・ガーフィールド君もいちいちクール~。
やっぱりフジロック土曜日か…

ゲイだったりトランスジェンダーだったりストレイトでもなんでもいいじゃん。
『レリゴー、レリゴォー』じゃない?
スポンサーサイト
2日間とも懐かしい人やいつものメンバー集まってくれてここちの良い時間でした。
洋さんにも来てもらったし。
東京からも!
連絡つかなかったスチュワートさんは、知らないで久しぶりに寄ったらこの日で、
なんとレコードもちゃんと持って来ていて(笑)呼ばれたのかなぁって、不思議だなぁって云ってた。
2日めはみんなのただのレコード自慢ナイトだったけど

あたしはひとり、お店の片付けしながら少しシンミリしちゃったな。
やっぱり潮さんにはずっと居て欲しかった。
あたしにはディスクガレージは教会であり、レコードはバイブルで、そして潮さんは神父さんだった。
あたしの禅問答にいつも正面から付き合ってくれてた。
ふぅ。
こういうカタチで集まってもらって、やってよかったです。ありがとね。

20140525115239.jpg
22:05 からを聴きながらどーぞ。



今夜、金曜日と明日の土曜日の2日間、
ディスクガレージ トリビュート ナイト を club hallelujah で。
レコードかけたい人が来て、聴きたい人が寄ってくれたらなら。
それだけ。
ひとり、1曲~2、3曲。
誰でもいいよ。
ウチの店でかけたことない人でも女の子でも。
CDでもまぁいいか(笑)
入場料はありませんが、ゆっくりお酒でも飲んでって 
こういう時じゃないと逢わない人もいるしね。

毎年、自分の中ではいろいろ葛藤があってさ。
その時が来ればと思ってて。 そしたら、
今日、朝、起きたら啓示があって。
不思議だなぁと思ったら今日、この日なんだもんね。

こういう時こそソーシャルネットじゃないの?
みなさま声を掛けあってきてちょーだい。

両日とも19時のオープンです。
やっぱりフジじゃなくってこの曲だけのためにサマソニか。迷う。



These days are gone
Loud enough to hold on
I think about the time we wasted
I think about the years to come
It's getting late and I can't call
It's getting late to face it all
I think about the time we wasted
My loneliness has slowly grown
I told you not to cross the line
& leave me with your love for granted
The letters from your broken heart
I think I might have lost them somewhere


Don't tell me 'bout your lies
Don't tell me 'bout your secrets

My love is easy
You are everything I need


Now your love is gone
I want it safe & guaranteed
Life is such a fine line
Looking at the bright line
I think about the time we wasted
For someday I'll be coming too
Tonight is dying on its own
& now I got your love for granted
It doesn't matter right or wrong
As long as you are hiding somewhere

Don't tell me 'bout your lies
Don't tell me 'bout your secrets

Even though we've said it all
I would never let us fall with you
Hang on to a little chance, you bet I'm in
If it is for better
I would never miss the call, it's true
Hang on to a little chance, you bet I'm in

P.S
数日、対訳に費やしたってのにアップ寸前どこかに消えやがった…
やれやれ。
これなんかを聴きながらどーぞ



先回も参加させていただいてホントに楽しかった、日本のレコードだけのDJパーティー、
和ラダイスシフト。
すご~く深い夜だった。
結局、朝までで。今回のそうなるのかぁ。
なによりみんなの盛り上がりが伝わってきてテンションあがったな。

和モノ掘るには洋モノの知識ももちろん必要なわけで、そういう意味でも
永田一直さんといろんな話ができたし、一晩で教わったことたくさんあった。
コレかけたらウケるかなとかコレはレアモノでしょうとか、そうじゃなくって、
音楽に対する愛情、そこ一点。
コレ好きなんだけどかけるのちょっとどうかなぁ的なアプローチじゃダメってところとかね。
毎日毎秒レコードのことばかり考えてる人たちってやっぱりいいヤツばっかり。

 和ラダイムシフト FIRST TOUR

全国たったの8ヶ所のうちのひとつ。です~。
新潟公演 @ DJ BAR88 
5月16日(金)OPEN/START 21:00 料金:1500円 (w/1D)
DJ:永田一直 / 中村保夫(東京キララ社)/ TARO (CLUB Hallelujah) / 海きのこ / Chri
DJ BAR88 新潟県新潟市中央区西堀通3-258-4 信和ビル1F TEL:025-225-8558

あたしは、達郎、美奈子、はっぴい、ユーミン、を封印してのぞみます
(あたしの出番はいちばん遅くからかな)



「クルマとばして、20分で来てよ」
  「オーケー、19分で行くよ」
Qoo、にっぽんサイコー
あの頃の匂いまで思い出すし…


『ベルリン天使の詩』のリメイク『シティ・オブ・エンジェル』に使われた曲。の
ダリルズ・ハウスでのバージョン★★★★

どうやらいつになっても神様は地上に居る堕天使たち(あたし?キミたち?)を気にかけてるらしく、
また今夜に限って雨を降らそうとしてる…?

今は偉そうにレコードについてウンチク語ってるあたしですが
そんなあたしにも音楽のココロの師匠がいます。
ひとりはディスクガレージのウシオさん、そしてもうひとりは
三条でダウン・タイム・カフェを営んでるシラクラさんです。
今日のパーティーにはそのシラクラさんもレコードを廻しに来てくれます
今日、DJをするテル、モリオカ、ヤギさんもみんなが大好きな人なのです。
明けゆく空を眺めながらシラさんと語った日々がどれだけあたしを救ってきてくれたのか。
月明かりさえ奪われて真っ暗闇の中で迷ってる時にシンパイないさコレでいいよって
「こんなにたくさんのレコードとたくさんのお客さんに囲まれて素晴らしいじゃない。」って。
そういつもプッシュし続けてくれた人です。
ここんとこずっとダウン・タイム・カフェに行けてないので今から楽しみ~

フードは持ち込みオーケーですよ。
焚き火台もあるのでどーぞ。

少し暖かいカーディガンでも羽織ってきて。

I just don't want to miss you tonight 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。