上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来日ドタキャンからこの bitch もう絶対聞くもんかと思ってたけど
アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズのアントニーが paradaise edition がサイコーとか云ってたから
またちょいちょいと聴き直してたら やっぱりいいわこの bitch。

057.jpg

これは彼女が表紙の VOGUE から。
こういうのも買ってたのに アイツ。

059.jpg

サマータイム サッドネス…

夏は終わちゃったね。
ふぅ。
(でも波乗りシーズンはこれから~

060.jpg

あたしのレコード。

058.jpg

と、ピクチャー盤。

056.jpg

彼女の書く歌詞はもう戻ってはこないあのユースでせつないカンジがたまらないんだ。
中学校の英語の授業で誰かあたしを特別講師で呼んでくれないかな 
英検4級程度の単語だけでこれだけの唄はそうはないよ。
でもこのカンジがわかるネイティブの人たちが羨ましい。



すごいなこのアクセス数。
でもやっぱりこの歌詞…

I'm in his favorite sun dress
Watching me get undressed

彼の好きなドレスを着てるのに
脱いでる時だけしか見てくれない
(sun dress =首の開いたスリーブレスなワンピース)
… だって。



海キャンプで焚き火してる時に聴いた(砂風強くてカメラ、ダメ)… 泣くね 








スポンサーサイト


これを聴きながらどーぞ。

005_20130908161430e91.jpg

here comes the rain again…
いっしょにいて晴れてたことないね

002_20130908161424849.jpg

でも可愛い子ちゃんたちいっぱい 

007_2013090816142722e.jpg

009_20130908161448f7d.jpg

003_201309081614255d7.jpg 戦友。

あの頃の六本木や新宿のクラブの話を昨日のように。
二人で語り合いました。
辛いことたくさんあったけどそれ以上に
毎日が濃くて。
キース・ヘリングやピテカントロプスの話とか、
呼び屋時代の話。
同じ時代に同じ場所で。
人生にいちばん大切なモノ、それは
ともだち なんだよね。って云ってた。

すごくたのしい時間だったな。

004_201309081614233a4.jpg 楽屋ウラのこの下で語った。

008_201309081614510f1.jpg

朝まで踊ってたね~

最後は二人でこの Tamiko Jones 廻して。
古いよね~って云ったら、
『いつだってサイコーでしょコレ』って。
ミクさん、あなたがサイコー 

010.jpg

おつかれさまでした。

Cross Town Beach party

今夜、関屋浜の Charys Cafe で。
夏の始まりにパーティーをした所です~

場所

サンセットから朝まで。
あたしも深夜から朝にかけてレコード廻します

IsoLation aka Yoshiro Miyashita
の live set もあります。

\2000で1ドリンク付き。
朝まで海で踊りましょ。



コレ、ジェームス・フランコがサイコー ★★★★
この人みたいな俳優がロバート・デ・ニーロの後を追うのかもね。
色のキレイな映画でした。
パンフ買うの忘れたぁ。
日本ではDVDはこれから。

それでは海で。

s.jpg (^_-)-☆






やまがた こちらダサジャケ通常盤。

002_20130905124251b25.jpg

スペシャルエディション

005_20130905124250f33.jpg

김중만  Kim Jung Man さん撮影のポストカード付き。

001.jpg

ボーナス2曲プラス。

007_20130905124254630.jpg

いいカンジでしょ。

009.jpg

これはレイチェルの最初のミニアルバム。
ここはNYのコニー・アイランド。
行ったことあります。
フェリスホイールの上に立ってた十字架の碧いネオンが思い出。

4273151869_4feb8db8d5.jpg

flickr より。



こんなPVにもホロッとくるアナタ、疲れてるんだね。
お酒でもいかが 




Lyudmila Gurchenko / maria

003.jpg


004_20130905124318c1d.jpg

julia holter brought me here .




よりによってまぁすごい雨でした。
テントも椅子も焚き火も全部吹っ飛んで…
そんな中、バシャバシャになりながらも顔をだしてくれた
たくさんのお客さんにここでありがとうを伝えたいです。
いつも陽気で盛り上げてくれるヨッパライたち。
初めてのお客さん。
サーファーの仲間。
レコードおたくのDJ,そしていつも笑顔でお客さんを迎えてくれるスタッフ。

…どうなることやらと思ったけれど。
雨が上がった後の海での焚き火と花火はびゅううてぃふぉおおでした。

そして、この曲はバーボンウイスキーが好きだったアイツに。
作詞はあのプカプカの西岡恭蔵さんです。
名曲だなぁ。
ラグタイムブルーズ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。