上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スタバの魔法瓶型タンブラーはいくつかもってるんだけど
漏れる、冷めるでハッキリいってロゴ入ってなかったらただの
粗悪品みたいなもので。
じゃあゾウ印とかタイガーとかにすればいいじゃんっていうけど
デザイン的にいまひとつ。
スタバでTHERMOSだったら最強なのになぁと思っていたら
ホントに発売

画像 011 harajuku限定スタバ&THERMOSタンブラー 

東京出張に行くって云ってたKコちゃんから買ってきてもらいました。
ありがとうね~。
通販とかないから嬉しいなぁ。
コレで冬の海から上がって来ても熱いコーヒーが飲めるぞ~。
クルマのヒーターよりもカラダん中から温めるのがいちばん。
こういうモノでテンション上げていかないと真冬の海は。
THERMOSのポリタンっていうアイデアはどうかな
いや今はみんなほとんどドライスーツなのか…
店のコーヒーメーカーもTHERMOSです。
保温するヒーターの部分がない。でも満タンなら
3~4時間は熱いままです。

缶コーヒーは買わない。
ポット派です。
新幹線にも持って行こ。
ということで明日は ALABAMA SHEAKES のライブ(お店はお休みです。)

ちょうどキッカリ18年前の今日と明日は
新宿のリキッドルームと日本青年館でジェフ・バックリィを観たのでした。
連続でアーティストを追っかけたのはあれが最後かな。
お店の名前は彼がカバーした曲、Hallelujah からとりました。
オリジナルはレナード・コーエンです。
いろいろなカバーがコレほどあるのも当たり前。
あのU2のボノが今世紀でいちばんの楽曲は何?という質問に
Hallelujah を挙げるくらいなんだから。
ビートルズでもエルビスでもマーヴィン・ゲイでもなくて。
シュレックではルーファス・ウェインライトが
ヴァンクーヴァーオリンピック閉会式ではk.dラングも唄ってた。
あの日、日本青年館の前で並んでいる人達の中ではたくさんの人が
CDの歌詞カードを読んでたのが印象的でした。
本人の意向により当時のCDには日本語の対訳が載っていないにもかかわらず。
ライブの途中、観客の中からひとりの若者がジェフに日本語で
「カッコイイぞ~」の声。
ジェフはそれに対してどういう意味?と。すると誰か女のコが
「COOL!」って。
昨日の事のように覚えてる。
当時のカミさんのお腹には次男がいました。
彼の唄、聴こえてたかな。

何度も聴いてきたけれど本当のところの意味はあたしも
まだよくわかっていません。
またソコも魅了されてるところなのかも。




ハレルヤ~ ✝


スポンサーサイト
2012 Reissue Album 10
第4位
PALACE BROTHERS / Days in the Wake
PALACE MUSIC / VIVA LAST BLUES (なんて素晴らしいタイトル!)



こちら、聴きながらどうぞ 
You will miss me when I burn っていうこの歌詞にヤラれて買った。

画像 001


PALACE BROTHERSとか PALACE MUSICとか bonnie prince billyとか、
いろいろな名前でたくさんホントにたくさんのレコードを
出してる Will Oldham っていう人。
のアナログ盤が17年くらい経って何枚か突然の再発。
ニルヴァーナやピクシーズをプロデュースしたスティーヴ・アルビニ(すてぃーぶあ、までパソコンに打ち込んだらちゃんとスティーヴ・アルビニって表示してきた、中古のDELL)のプロデュース。
あの頃ディスクガレージで、年に2,3枚?のペースでリリースしてて
ほとんど買っていたけどあまりにも多くてついていけなくなりました。
後期のレコードは売ったりしてしまい後悔してるんだけどね。
その頃にDOMINO RECORDの名前も記憶。
こうして再発するくらい向こうではカルトな人気あります。
今聴いても新しいっていうかもともと時代レスな音楽だから、
でも今の方が時代にあってて、情報もない時代に自分の耳だけで
聴いてきてこうして再発なんかされると嬉しいなぁ。
もちろんCDも簡単に手に入りますよ。
そのうえ、RVCA のフリーペーパーにも表紙&特集まで組まれたり

画像 008

部数は少ないのに、いつもあたしの分はちゃんと確保して
持ってきてくれますトシオーさん。ありがとうございます
渋谷のタワーレコードの雑誌コーナーではけっこうな値段ついてました。
マーガレット・キルガレンの特集号はとんでもない値段に。

mk.jpeg  ワザとホチキス止めされてない。

画像 007

右に写ってるのがWill Oldhamのレコードの数々。
多すぎでしょ。
お店で聴いたことないって?
人といっしょに聴いてもサッドな音楽にしか聞こえないかもだし…
でも
なにもハッピーや楽しい音楽だけが人のココロを癒すわけじゃない。
でしょ。
だから一人で聴いてきた。

こちらはいちばん上に載っけたレコードの写真の真ん中の12インチの曲。
Sally Timms のカバーです。



週末の天気予報あれだけ荒れるとか言っといてぜんぜん外れてるじゃん。
長期的予報とかさ平年並みでしょうとか暑くなるでしょうとか
丁か半かじゃないんだからしっかりしてくれよな。
って海に入んなかったのを気象庁のせいにするあたしでした





2012 Best Album 20
第2位
Father John Misty / Fear Fun

2012 reissue 013

Bella Union盤なんだけど。
米国サブ・ポップ盤限定はピンク盤でデモのCDが付いてるんだって。
げぇ~。
プロデュースはなんと Jonathan Wilson
彼の新譜ももうすぐ出るらしい。
Father John Mistyこと Josh Tillmanは Fleet Foxesにも在籍してたけど
その前にもソロ・アルバムを出してます。

画像 001

コレはこれで好きなんだけど同一人物とは思えないくらい今回のアルバムは
グッとイメチェン。



Fleet Foxes よりもいいじゃん。
そうだ Fleet Foxes のこの曲をカバーしたこのコもよかった。



Birdy っていうこのコは Bon Iver と Phoenix と The National
までもカバーしててあたしの趣味と かぶりすぎ。
そうだ Phoenix はコーチェラ・フェスティバルでヘッドライナーですって。
フジに来ないかな。
フェニックスのトーマス・マーズの奥様、ソフィア・コッポラが監督の
このクリップもどうぞ。ケイト・モス。



日本語ではバート・バカラック『恋のためらい』。
こちらの映画の中では彼女もカラオケ 



このシーンは大好き  『マイベストフレンズウェディング』
観てない人は是非。全編バカラックです。
なんか毎回このブログって話がそれますぅ…

画像 

ユダヤスタイルのニューヨークサワーチーズケイク 
週末なのに売り切れだなんてスミマセンでした m(__)m
ほぼ毎日あるようにはしてるんですけど。
雪景色で静まりかえった東中通を見ながら朝方に仕込んだりしてます。
こんなアルバム聞きながら…

2012 Best Album 20
第3位
Tedeschi Trucks Band / Everybody's Talkin' - LIVE

2012 reissue 015

アナログ盤は3枚組です。
がCDの方が3曲(スライ アンド ファミリーストーンのカバーなど)多い。
でもやっぱりヴァイナルじゃなきゃ。
タイトルソングの Everybody's Talkin' は
映画にもなった『真夜中のカウボーイ』の『うわさの男』のカバー。

噂の男

そのオリジナル盤(左)とサントラ盤。
いちばん右に写ってるのはアンジェリーナ・ジョリーのお父さん。

デレクのアルバムの中ではいちばんいいんじゃないか。
奥さんのスーザンのヴォーカルの方がバンドにはあってると思うし。



ジョン・セバスチャンがオリジナルの、この Daring be Home Soon のカバーは
もうこのバージョンがいちばんかも。
ジョー・コッカーが演ってたバージョンを下敷きにしてる。

太平洋に向かう去年の暑いみちのくの国道でよく聴きました
6分過ぎ辺りからのスライドが蒼い空に吸い込まれてくんだよ   

それと Midnight in Harem に入る前に オールマン・ブラザーズ・バンドの Little Martha をちょこっとはさむところなんて憎いね~。
デレクは現オールマン・ブラザーズ・バンドも掛け持ちで参加。
もちろんこちらもマスト。

2012 reissue 2 003

じゃぁ~ん、ピンク キャプリコーン  それも マトリックスは CCC - 1
なんのこっちゃわからないよね。
興味のある人はこちらへ  Fillmore and More
(このサイトはホントにすごいなぁ。)
リマスターだのSACDが音がいいだの、そんなもんはほとんど詐欺みたいなもん。
このアナログ盤の音に勝るものはナシ。

2012 reissue 2 004

こちら『あの頃ペニー・レインと』のアナログ盤。
ジャケットの擦れはワザとさいしょからつけてる。
キャメロン・クロウ監督もやっぱりね、
そっくりに真似てます。
で、中ジャケの写真はコレ 

2012 reissue 2 001

なんだけど、これってやっぱりココからきてるのか。

画像 003

画像 004

Derek and the Dominos / Layla and Other Assorted Love Songs
英国 Polydor盤。
赤べこRSO盤よりずっと音がいいです。

そう、デレクのDerekってもちろんこのDerek and the Dominos から。
だそうです。
そのご本人エリック・クラプトンと共演するようにまでなったんだから
カルマってすごいなぁ。
そしてその Layla のスライドはオールマン・ブラザーズ・バンドのデュエイン・スカイドッグ・オールマン。
その彼のTシャツを着ながら、こちらはデレクの13歳?の時



しびれますなぁ。
帽子はアトランタ・ブレーブスかな。
だってホットランタ だからね~

デレクエグルストン

このジャケットは ウィリアム・エグルストン の こちらから

画像 002

William Eggleston's Guide 
ちなみに初版です 









2012 Best Album 20
第6位
MICHAEL KIWANUKA / HOME AGAIN
何回か紹介済み。

kiwanuka.jpg

単独公演で観たいです。



ユゥニードォークーリン、ベェベィ、アムナッフーリン 
ホルロタラッ 

第5位
THE XX / COEXIST

2012 reissue 012

最初に手に入れたのが初回盤じゃないことが判明 (・・;
で、慌てて探して手に入れたらそれも違う盤で (T_T)
なんとか3枚めにしてゲット~  ブックレット&CD付き (^o^)
そんくらい気合入ってます。
彼女たちの音楽には天使が憑いてる。
別に1位でもいいんだけど。



人、ひと、人~ 
大合唱に煽られてもニコリともしないロミー嬢、サイコーすぎる
おととしにフジでいちばん前で観れたなんて(軽くジマン)。
今年はグリーンステージでヘッドライナー前くらいか 
ここ日本での人気ってどうなの…

第4位
ALABAMA SHAKES / BOYS & GIRLS

2012 reissue 016

ホワイト・ストライプスのとこから出てるサードマンレコードからのシングル盤と
ラフ・トレード盤7inch付き初回盤 



とりたて新しいことやってるわけでもないし
なになにポイとか云われることもあるでしょうけど
今見渡すとこんなカンジのバンドっていないんじゃない。
パブ・ロック感がいい。
彼女以外、たぶんすれ違ってもわからないくらい普通の学生さんみたい。
だけどこのロックン・ソウルの求道者な佇まいがいいではありませんか。

今月末に初来日です。
いってきま~す

こんな若いバンドたち、まだまだたくさん。
さてさて残るは上位3アーティスト。
ルーファス・ウェインライトもアントニー・アンド・ザ・ジョンソンズも出て来てないけど。
シャロン・ヴァン・エッテンも。
まだよく聴いてなくてさ…

英国のHMVが経営破綻…
驚いたみたいなことニューズになってるけど
だってあなた最近CDとか買いましたか?
ダウンロードさえあやういでしょ。
あたしだってアナログはアマゾンで買ったり。
そこに無かったらHMVで買ってるけど。
音楽業界に関わらず資本主義社会、毎日が戦い。
日本は経営がローソンだから直接影響はないみたいだけど。

この街でもかつてはラフォーレのいちばん最上階にあって
出勤前にはほぼ毎日通ってはトオルと情報交換したり
輸入雑誌のMOJOを買ったり、いつも誰かに出会ったりしてた。
当時、副館長だったバコさんの依頼で一階のフロアでバーゲンの時期だけ
DJをやらせてもらったりしました。
今はお互い髪型までいっしょになっちゃって海に入ってるし。
街の中にCDショップがないと困るのは日本もロンドンも同じだとは思うんだけど
音楽なんてどうでもいいんでしょ、do you ?

ネットが出来て変わってしまって
無くなるにはなくなってしまうそれだけの理由があるだろうけど
いつも無くなってから嘆いてももう後戻りはできない。

でもいつの時代でもこんな若いアーティストは現れてくるのだ。

2012 Best Album 20
第7位
JAKE BUGG / サマソニに決定

jake.jpg

今年はどのフェスでも引っ張りだこだろうな。
買うのはCDじゃなくってもちろんアナログでもなくってダウンロードでもコピーでも
なんでもいいけど直接外へ出かけてライブを観るっていうチョイスが
いまの若い人たちにはあるしそっちの方があるべき姿なのかも。
アーティストにとっては商売的にむずかしい時代。
まぁあたしはこうしてアナログを買っていくだけ、たぶんずっとね。



もうこんなに人気あるんだね~。
観たぁい。けどサマソニかぁ…びみょう。
ロッキン・オンの表紙とかになってほしくないなぁ… なるなぁたぶん。
クリス・マーティンみたいになっちゃうと聴かなくなる。
コールドプレイはファースト出た頃あんなになるなんて思ってもみなかったもんな。
この曲とか好きだった。

THE SCIENTIST 



この渋いカバーはこちらに収録

willie.jpg

惜しくも20位以内にはランクインしてませんが
ベストアルバムジャケット大賞かな 

AIMEE MANN ちゃんも 唄ってます。彼女のこのバージョンで歌詞の素晴らしさに気づいたのでした。



収録はこちらのリミテッド・エディションCDに

aimee.jpg

新譜も買ったけどまだちゃんと聴いてないんだ。





2012 Best Album 20
第8位
TIM BURGESS / Oh No I Love You

tim burgess

シャーラタンズのフロントマンのソロアルバム、の9年ぶりの2枚目。
あの頃あっての今なんだろうけど今の方がいいカンジ。



こちらアンディーさんから入手のほぼ新品のアナログ。

2012 reissue 2 005


彼らが青春だったという人は是非この Oh No I Love You 購入をお薦めです。
お店でかけてると「コレ誰ですか」率、高いです。
で、もとシャーラタンズっていうと、「おぉ~」ってな反応です。
ポール・ウェラー師匠も強くお薦めしておりました。
2012 Best Album 20
第9位
COUNTING CROWS / UNDERWATER SUNSHINE
/ August & Everything After: Live from Town Hall

2012 reissue 019

全曲、カバーアルバム(画像左)と

2012 reissue 2 007

1993年、彼らのデビューアルバム『August And Everything After』
(プロデュースは先日紹介したサム・フィリップスの旦那さん)の曲順通り(ほぼ)を
再現したニュー・ヨークでのライブ盤(画像右)
絶頂期に彼らは来日中止…
観たかったなぁ。
今、フジロックに呼べばいいのに。
20年前、ブートレグ盤聴きながらよくスノボーに行った。
朝方、待ち合わせの駐車場とか、
雪景色にこれほどピッタリなBGMはそうないなぁ…
この曲流れると新潟って Omaha なカンジ 



カバーアルバムの選曲の中には知らない曲もあった。
グラム・パーソンズ絡みの2曲に混じって
Tender Mercies を2曲も唄ってますぜ、モリヒデさん。
そしてやっぱりアダムもこの唄好きなのかぁって納得のコレもカバー



今経験してきたことを若い頃に知っていたらなぁ、みたいな歌詞です。
ロニー・レイン… 唄う途中で魅せる笑顔がたまらない。






ゴールデングローブ賞   アルゴ 観てきた ★★★★
ベン・アフレックが監督した『タウン』も面白かったからね。
新潟は 18日までみたい。
お早めに。

時代設定的にはあたしが高校生の頃だったから音楽とかけっこうストライクでした。



ダイアー・ストレイツ『哀しきサルタン』
11PMで今野雄二さんが紹介していて翌日すぐにレコード屋さんに行ったっけな。
もう一回観に行こっかな。
2012 Best Album 20
第10位
DAMIEN JURADO / MARAGOPA

2012 reissue 022

彼の10年前のレコード、Where shall you take me が愛聴盤で、
新しいアルバムが Richard Swift のプロデュースだって云うので聴いてみたら
こらがまた素晴らしくて。



デッドのバッヂに、ギターには  Richard Swift の写真、貼ってる(笑)
でもってその Richard Swift は the SHINS のメンバーに。
ビックリ いつのまに。
キーボードが彼。





彼女のセカンドも Richard Swift のプロデュース。
アルバムよりこのライブなカンジがいいな どう?
聴いてきた音楽がこんなふうにつながっていると楽しい。
みんなお薦めです。まぁだから10位にランクインなんだけどね。
the SHINS 知らないっていうひとにはこの映画がお薦め。

『終わりで始まりの4日間』



このどうってことないなさ加減がいいんだけど。
サントラ、全曲いいし、アミダラなナタリー・ポートマンよりこっち。
最近やめられないもの。

jagabee.jpg

これと 



コレ。
やばいな~ 
ちなみにあたしはマギー、ラブです
2012 Best Album
第11位
こちら  CAT POWER / SUN
こんなカバーもあるよ~



ノエルもこのYouTubeは7回は観てるっていうジョークなコメントが可笑しいな。
だいたいノエルのバンドの名前もリアムのバンドもどっちも覚えられないし
みんなでレコード買わなきゃまた兄弟でやるのに。
みんなでぜったいコンサートに行かないとか
フジにも呼ばないとか。
この曲以上の唄、書いてないし唄ってないでしょあの二人。
まぁ昔の名前で出ていますみたいなのはイヤなんだろうし
そこは潔くていいとは思うけど。
でもソロではオアシスの曲、演ってるか…
だいたい兄弟喧嘩ってさ… 時間が解決するもの。

再結成流行りだけれどあたしも前はノコノコ出かけたりましたが
素晴らしかったためしがないです。
イーグルスとか途中で帰って来たしあれから全く聴かなくなった。
でもザ・ポリスは観たかったなぁ。
ストーン・ローゼズもつまんなかったっていう正直なハンダくん。
でもマイブラには行くらしい。
思い入れが大きく左右することは確かだけど。

It's better to burn out 'cause rust never sleeps
有名な歌詞ですが
錆ついたら(錆は)止まることはない、だから燃え尽きてしまったほうがまし
ということ。でも、
歳をとるということは精神までもが錆びつくことではない by ブロンソン(が云ったかどうだか)
そんなことを思う今日この頃です。
2012 Best Album 
第12位
JEFF LYNNE / LONG WAVE

2012 reissue 014

アナログはイタリア盤しかないのかもなぁ。たぶん。
ジェフ・リン船長の21年振りのソロアルバムは全曲カバーです。
30分ちょっとの短いアルバムなんですけどターンテーブルに乗る回数はかなり多かったな。
船長ってジョージ・ハリスン寄りなのかなぁとずっと思っていたけど
聴けば聴くほどにめちゃポール・マッカトニー。っていうかポールがこの選曲だったら
こう唄うみたいなカンジ。
いやトム・ペティにも聞こえてくるし 
さすが Otis Wilbury(わかる人にはわかる)。
タイトルの LONG WAVE は長い波じゃなくって ラジオの短波とか中波(AM)のことの長波。
裏ジャケはラジオになってるし。
オリジナルの曲に正直そんなに思い入れはないんだけれど
いつの世代でもやっぱり若い頃にラジオにかぶりついて聴いてた頃が強烈に残っているんだね。
アルバム全体の雰囲気が ELO のデモバージョンみたいなところもあってその世代にもお薦めです。





彼らのコレもカバーですがこっちもいいね~
オリジナルの7inch欲しくなっちゃった 
再発 第5位
Sam Phillips / Martinis & Bikinis

sam phillips

コレもココんちの再発  OMNIVORERECORDINGS
で、20年近く経ってこうして初めてアナログ化 ボーナストラック付き
わかっている人はわかっていたのだ。
こんな名盤はアナログ化して残していかなきゃと。本もフィルムもいっしょ。
いずれ残っていくのはこうして人の手や眼に触れていくもの。

トム・ウェイツも大好きないちまいとしてリストに挙げていたよ。
プロデュースは彼女の当時の旦那さんの T・ボーン・バネット。
ボブ・ディランの73年のローリング・サンダー・レビューにもギターで参加。
最近は映画音楽だったり矢野顕子さんのプロデュースもしてるけれど
おととしにグラミー賞を獲ったロバート・プラント&アリソン・クラウスのアルバムも彼のプロデュース。

raising sand そこにはこのサム・フィリップスも曲を提供してる。

これがまたいい唄。で、当人バージョンはないのかなぁと探したらありました~ 

Sister Rosetta Goes Before Us



Martinis & Bikinisの中であたしのお気に入りは same changes なんだけど、どこにも映像がなかった…
彼女、ダイ・ハード3にネオ・ナチの役でちょこっと出演もしてるよ。


再発 第6位
JELLYFISH / Live at Bogart's 1991

jelly live

jelly 1

オフィシャルなライブ音源としては12inch以外では初アナログ化。
何曲かはボーナストラックなんかで聴けたのもあるけど。
このレコードをリリースしてるこの会社がすごいんだよね。
 OMNIVORE RECORDINGS

名盤なんだけどCDしかなかったからアナログ化するとか
デモトラックを探してくるとか
とにかくヴァイナル愛に溢れてます。



時代はネヴァーマインドとかスクリーマデリカとかマイブラな流れだっただけに
この回顧主義なポップさは受けいらられなかったんだろうか。
あたしはファンクラブの副会長くらいにはなれるほどコレクションしてます。
オリジナルアルバムは2枚だけのバンド、のくせして
4枚組のボックスセットとかが出てるビートルズ遺伝子直系な音。
再発 第7位
À bout de souffle / Soundtrack

blessless.jpg

ひっそりと再発はされてますが映画公開当時はオリジナルのアナログレコードは7inchだけ
なのでLPとしては(45回転です)これが初めてになるのかも。
買うなら今のうち。
デザインワークもほぼ完璧な雰囲気ですよ。

ジーン   オリジナル、、欲しいなぁ…



廉価版のDVDにもボーナス映像が付いていて
ジーンセバークのカメラテストなんかも見れます。
でもやっぱり映画館で観たいなぁ。
今の人たちはこういう映画とかどうでもいいのかなぁ。
これを観て同じ髪型にしてきたの なんて云ってたあの子は今どこに… 

フランスっていえばこの映画も面白かったなぁ☆☆☆☆
2回、観ちゃった。




今年もほぼ月でやっていくのでよろしくです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。